岐阜県の産婦人科  - モアレディスクリニック - 本巣|北方町

無痛分娩Q&A

モアレディスクリニックでは、ご希望の方へ無痛分娩もおこなっております。
このページでは、無痛分娩について簡単なご説明をQ&A方式でまとめてみました。無痛分娩での出産をお考えの方の参考になれば幸いです。もう少し詳しい内容につきましては、受診していただいた際に担当医師にご相談ください。

Q&A−無痛分娩について−

無痛分娩ってどんな分娩?

「無痛分娩」とは、硬膜外麻酔(局所麻酔)を用いて陣痛の痛みを軽減し、出産時の緊張や恐怖感などを取り除いてお産をスムーズに進める分娩法です。日本でも希望者が年々増えています。痛みは感じなくなりますが、意識も感覚も残りますから、おなかの張る感覚や赤ちゃんが生まれる瞬間などもちゃんとわかります。

無痛分娩には麻酔を使うと聞いたのですが、胎児や母体への影響はありませんか?

無痛分娩は「局所麻酔」のため胎児自体に麻酔はかかりません。母体の意識も明瞭のため出産の記憶や感動もちゃんと体感していただくことができます。母体への麻酔の影響も最小限です。

背中から針を刺すのは痛くないですか?

いいえ、ほとんど痛みはありません。
皮膚に局所麻酔をしてからおこないますので、ほとんど痛みを感じることはありません。

「硬膜外麻酔」について教えてください。

硬膜外麻酔(局所麻酔)により出産時の痛みを取り除く、最も本格的な分娩管理です。欧米の医学先進国では、全体の70%以上の分娩が「硬膜外麻酔による無痛分娩法」でおこなわれており、世界のお産の主流となっています。最初から最後まで痛くない母体に優しい出産法です。ご希望の方は当院の担当医師にご相談ください。

無痛分娩のメリットは何ですか?

無痛分娩にはたくさんのメリットがあります。
■ 出産時の痛みがありません。
普通分娩の場合、長時間の陣痛と出産時の激痛に耐えることで体力的にも精神的にも限界に達し、出産の喜びを十分に味わうことができないことが多いものです。無痛分娩ではその痛みを取り除くことで、出産の感動を十分に感じることができます。
■ 体力の消耗を抑えることができます。
硬膜外麻酔による無痛分娩の場合、痛みがありませんので母体のストレスも出産時の体力消耗も少なくて済みます。ストレスや体力消耗が少なければ産後の体力回復も早くなり、それだけラクに楽しく育児ライフを送ることが可能となります。
■ 血圧の高い方・緊張しやすい方にも効果的です。
麻酔薬は一時的に血圧を下げるため、妊娠中毒症など血圧の高い方にも効果があります。陣痛のせいでパニックになったり、疲れで分娩時間が長引くことを防ぐこともできます。

無痛分娩ができない場合はありますか?

特殊な血液の病気を持つ方や心臓病の方、高度の肥満の方、高血圧合併妊娠の場合に無痛分娩を行うことができない場合があります。

無痛分娩を希望する場合はどうすればいいですか?

検診時に担当医師にお申し出ください。また、里帰り出産の場合でも受け入れ可能です。事前に当クリニック医師までご相談ください。